「振袖 紫」の色の意味

紫の色は、「神秘」「芸術」「魅力」等のイメージ
エキゾチックな雰囲気を出す、紫色。
振袖の場合は、紫は格の高い色になります。
「高貴」、「高級感」等、昔は位の高い人しか着られない色でした。

「振袖 紫」の帯合わせ

どんな帯でも、振袖の柄と帯の柄の世界感を合わせればだいたいコーディネイト出来ます。
帯締め、帯揚げ、重ね衿の色、刺繍の衿で、伝統的にもお洒落にもコーディネイトで楽しめます。

「振袖 紫」は、こんなお嬢様にお勧め

毎年、選ばれるお嬢様が少ないので、人と被りたくないという方にはお勧めです。
帯や小物で楽しみたいお嬢様、レトロ感覚で大正浪漫の様な雰囲気を出したいお嬢様
お洋服でもモードが好きなお嬢様、美意識が高いお嬢様等がお勧めです。
紫という色は、一見地味な感じですが、成人式等では逆に目立ちます。
シックに目立ちたい方にもお勧めです。