「振袖 黄」の色の意味

黄色は、「可愛らしい」「華やか」「楽しい」等のイメージ。
黄色は、古くから太陽の光を思わせる色で、着物にも用いられてきました。
縁起の良い色でも知られています。心が楽しい気持ちにさせてくれる色です。

「振袖 黄」の帯合わせ

黄色の振袖の帯合わせは白地か銀地だと品良く。
黒地や色帯だと、若々しく、そしてお洒落に。
帯の定番の色の「金地系」の帯ですが、着物と同系色になる為、避ける傾向はありますが、帯の柄や差し色に寄っては、コーディネイト出来る場合もあります。
帯と同系色ですと品はいいのですが、振袖だと地味になる場合があります。
その場合は、帯締め帯揚げで若さを演出するのもいいですね。
比較的、お嬢様のご要望に合わせやすいと思います。

「振袖 黄」は、こんなお嬢様にお勧め

古典柄の振袖だと薄地の黄色が多いので、品良くまとめたいお嬢様にお勧めです。
黄色でも辛子色の様なお洒落な色もあります。
その場合は、個性的になりますので被りたくないお嬢様にお勧めです。