「振袖 白」の色の意味

白色は、「清潔感」「清楚感」「品格」等
白色の振袖は、見る人に好印象を与え品格あるイメージ。
白という色自体は冷たい感じや弱々しいイメージもありますが、振袖の白は、品・華・可憐良い印象になります。

「振袖 白」の帯合わせ

白は無彩色ですので、帯により印象が凄くかわります。小物合わせも重要になってきます。
金や銀は、品格重視、黒や色帯は、お洒落や可愛い重視。
一つ注意点としては、白の帯は帯に入っている色糸を、気をつけてコーディネイトして下さい。
白の振袖に白の帯だと、若々しさがなくなりますのでどうしても合わせたい場合は、小物で演出してみて下さい。
自分らしくコーディネイトしやすいので、色々なコーディネイトで楽しんでみて下さい。

「振袖 白」は、こんなお嬢様にお勧め

帯、小物合わせに寄って表情を変えるので、意外と似合うお嬢様が多い様に感じます。
品良くにもなり、お洒落になり、個性的にも変化します。
選ぶ方お嬢様も少ないので人と被りにくい、コーディネイトが楽しみたいお嬢様や、品格を重視されるご家族様にお勧めです。