「振袖 ピンク」の色の意味

ピンク色は、「可愛らしさ」「華麗」「幸福」等のイメージ
振袖のピンクは、可愛いく、品があるイメージ。
着物の色では、女性の永遠の色と言われる位、年代問わず着用出来る色になります。

「振袖 ピンク」の帯合わせ

品良くまとめた方が、ピンクの地色が生きるので、お勧めは、金か白になります。
銀地の帯だと、グッと品良くはなりますが、地味になる場合がありますので要注意。
黒の帯だとメリハリが出ますが、あまり選ばれるお嬢様は少ないと思います。
帯合わせは、ピンクの地色に合わせて品良くまとめるのがお勧めです。

「振袖 ピンク」は、こんなお嬢様にお勧め

ピンクは、長く着られる事もあり結婚するまで着たいというお嬢様にはお勧めです。
成人式には少し地味な感じもしますが、歳を重ねる毎に段々と雰囲気が良くなります。
着物らしい雰囲気で装いたい方は間違いないと思います。